今だからこそできる働き方改革

「いたばし社労士コラム」の第1回目を担当します、社会保険労務士の佐藤です。

新型コロナウィルス感染症が広まり、その予防のために仕事・学校・家庭など様々なところで活動自粛や行事の規模縮小が行われながら1年が過ぎました。

本来であれば、2020年4月以降は働き方改革関連法が施行され、時間外労働の削減などに取り組むはずが、新型コロナウィルス感染症の影響により、想定していなかった働き方改革(テレワーク導入等)を実施された企業も多かったのではないかと思います。

私の事務所も、テレワーク導入などこれまでに行っていなかったことを実施し、
紙で管理していたものはデータ化、オンライン会議やチャットの導入などコミュニケーションの取り方を変えていくことなどを試みました。

活動に制約を受ける中で「できることをやってみよう」と思いながら進めると、意外と何とかなってしまうもので、オンライン会議・チャットなども最初は不慣れだったものが、次第に円滑なコミュニケーションにつながっていきました。
他にも、業務の効率化・ペーパーレス化も一段と進んでいます。

新型コロナウィルス対応で、これまでのスタイルを続けていくことは困難なことも多々あると思いますが、この機会に新しいことに挑戦してみることをお薦めします!