バラにはとげ、トマトには毒

バラにはとげ、トマトには毒
こんにちは、今回担当する柱山歩(はしらやま あゆむ)と申します。
近所にサポート付きのレンタル農園「シェア畑」というのができまして、1年半ほど前から借りて無農薬の野菜作りを楽しんでいます。
春夏野菜、秋冬野菜と、2回に分けて野菜を作るのですが、秋冬野菜は気温が上がらないので成長もゆ~っくり、雑草もゆ~っくり、虫も少なく、正直あまりやることがありませんでした。
一方で春夏は日差しも強く、気温もしっかり、改めて植物の生命力の強さには驚かされます。
当たり前ですが、手のひらサイズの苗が地面に植えただけでにょきにょきと背丈を超えるほどになり、いつの間にかおいしい野菜ができるなんて!!
ほっといてもトマト、ナス、ピーマンが食べきれないほどできるので、仕事するのがバカらしくなります。
もしかしたら野菜もそうですけど、お米、麦、イモ、エダマメ、トウモロコシ・・・土地さえあればお金いらないんじゃないか・・・?(笑)
さてそんな野菜ライフですが、先日初めて知ったことがあります。
未熟のトマトには毒がある!ご存じでしたか?
トマチンという神経系の毒らしく、ジャガイモの芽の毒と同じようなものらしいです。
致死量は毎日何トンも食べる必要があり死ぬことはありませんが、頭がぼんやり、めまいもするようで、もし食べてしまったら相当おっかない気分になることは間違いありません。
わが農園のトマトを房ごと取って来た際、主枝に近い部分は熟して赤く、遠い部分は未熟のものがあり、知らずに食べて妻に怒られました。
未熟のままとってきたとしても、バナナのようにほっとけば赤く熟すようです(やったことはありませんので未確認です)。
それから食べてしまった方の検索をすると、毒のあるトマトはピリピリするそうです。
私が食べたものはちょっと青くさくすっぱいものの、ばりばりと、まぁおいしくいただけたので毒はなかったのですね。
いやいや、焦りました・・・みなさま、どうぞお気をつけくださいませ。

 

柱山歩税理士・社労士事務所
〒175-0092
板橋区赤塚7-7-2 フリーダム梅の木604
TEL 03-6751-6334 / FAX 03-6751-6335