「偶然」を活用する。

私も開業から10年たち、支部関係者その他のお支えの「おかげさま」で楽しく社労士を続けられることをうれしく思っております。

そして、余暇を楽しむゆとりも若干ながらできた関係でここ最近楽しんでいることをシェアできればと思い本稿を承った次第です。

昔から釣りが趣味でしたが受験や部活動、仕事の関係で長らくブランクを空けており、釣りを再開したのはここ4~5年ほどです。この4~5年間での大きな変化は、陸上での釣りから船での釣りを始めたことでした。
防波堤や浜辺からの釣りがほとんどでしたが3年前に小型船舶免許を取得、今はレンタルボートで時々釣りに出かけています。

レンタルボートで釣りをしていると、釣りに出かけてから無事に戻るまでのすべての時間でいろいろなことに気づかされます。

レンタルボートでは、大方魚群探知機が備わっており、魚が近くにいるかどうかはある程度判別できます。
しかし、魚がいることがわかって近くに餌を撒いても魚が食べるとは限りません。
月の満ち欠け、水温、潮の流れ、天気などなど様々な要因が絡み合って魚は初めて餌に食らいつきます。

つまり、複雑に絡み合う様々な要素が積み重なり、ようやっと魚が仕掛けにかかってくれるわけです。
そして、そのような状況に巡り合えるのは運にもよりけりです。
さらに、不意に突然、魚が釣れるタイミングが訪れ、少し経つと再び釣れなくなります。
幸運の女神には後ろ髪がない、チャンスは一度きり、とはよく言ったものです。

釣りをしていた時を振り返ってみれば、日常の生活にも通じるものがあるように思えます。
人生は偶然だらけ、準備してもチャンスが来る保証はないが、棚ぼたに巡り合えたら是非とも活用しよう、と改めて思った次第です。

これからさらに水温が上がり、外洋からいろいろな魚が関東近辺に巡ってきますが、仕事を頑張りつつボートからの釣りに精を出したいと思う今日このころでした。

乱文で恐縮ながら、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

東京都社会保険労務士会所属  特定社会保険労務士
ハラスメント防止コンサルタント
櫻井労務管理事務所  所長  櫻井 宏二郎
TEL・FAX 03-3958-0711
Email   k.o.samurai@rb4.so-net.ne.jp
URL http://samurai-kojiro0079.jimdo.com/